COLNAGO
カタログ請求 メルマガ登録 サポート・お問い合せ オフィシャル ブログ
コルナゴの歴史と技術 製品カタログ コルナゴの情熱 販売店 ショッピング

History & Technology

コルナゴの歴史
1932年。ミラノ郊外に位置するカンビアーゴ村でエルネスト・コルナゴは生を受けた。12才で溶接工場に働きに出た当時の彼の給料は毎週2kgの小麦粉だったという。 Movie エルネスト・ コルナゴヒストリー

溶接工として地道に働き、幾多の勝利を手にする優秀なロードレース選手でもあったエルネストは、1954年独立し、念願であった自らのチクリを生まれ故郷であるカンビアーゴに創設した。ちなみに現在でもコルナゴ社はエルネストの故郷カンビアーゴから高機能ロードフレームを全世界に送りつづけている。

チクリを創設してまもなくコルナゴが製作した自転車はローマ五輪でいきなり金メダルを獲得し、脚光を浴びはじめるが、後に彼はカリスマとしての更なる運命的な出会いに巻き込まれていく。

1956
コルナゴ56年のヒストリー、すべてはここから始まった。ロードレースの選手として将来有望と嘱されたエルネストコルナゴは、落車による骨折で選手生命を絶たれる。その後はメカニックとしての人生を歩み始め、カンビアーゴに自らの店をオープンする。
右は弟のパオロ

技術を公に認められたエルネストは、当時破竹の勢いで活躍していたプロロードレースチーム「モルテニ」のメカニックとして、その手腕を発揮するかたわら、「史上最強の選手」と後に謳われることになるエディー・メルクスに自作のフレームを提供する。

1970
チミラノ-サンレモで、ミケーレ・ダンチェリ感動の優勝。この時よりクローバーのマークをシンボルとして使う。

真のサクセスストーリーはそんな風にしてはじまった。エルネストの情念を織り込まれた高機能なマシンはやがてメルクスを幾多の勝利へ導き、コルナゴの自転車作りに対する優秀性を世に知らしめることになる。

1972年。メルクスは「自転車選手にとって最高の名誉」といわれるアワーレコードに挑戦するため、エルネストとともにメキシコシティーに降り立った。コルナゴ製5.7kgのトラックレーサーは、当時として画期的なまでの軽量化の中に強靭さをたたえながらメルクスの走りを支え、前人未到の49.432kmを達成。コルナゴは世界の自転車史の中で名実ともその頂点に達することとなる。

1972
エディー・メルクス、コルナゴ製マシンで49.431Kmのアワーレコードを樹立

1978
最強伝説の頂点へ駆け上がるコルナゴはこの年、ローマ法王ヨハネパウロ2世に拝謁し、黄金に輝くロードバイクを献上し、名実ともに世界一のロードバイクブランドと称される。

1982
19歳という異例の若さでプロ入りしたジュゼッペ・サロン二は、1979 年のジロ・デ・イタリア初優勝を皮切りに、後にサロン二カラーと呼ばれる赤いマスターでこの年の世界選手権優勝を優勝。その後、数々の大レースにおいて勝利を量産。コルナゴを最強ブランドへと押し上げた。

その後もジュゼッペ・サロンニをはじめとするスター選手がこぞってコルナゴのマシンの使用を求め、数多くのプロチームに供給されるフィードバックにより、ますますその機能と美しさに磨きをかけていった。

1983
神童と謳われたジュゼッペ・サローニ、デルトンゴ・コルナゴチームとしてジロ・デ・イタリアに圧勝

1986
フェラーリとカーボンフレームの共同開発をはじめる

1994年。コルナゴはトニー・ロミンガーによって再びアワーレコードを55.291kmという驚異的な記録により達成する。その後の、ヨハン・ムセウやアンドレア・タフィ、アブラアム・オラーノ、パヴェル・トンコフなどマペイチームのコルナゴによるワールドカップ、世界選手権での快進撃は記憶に新しい。

1994
トミー・ロミンガー、コルナゴ製マシンにより55.291Kmの驚異的なアワードを樹立する。

革新的で斬新的な開発に対するバイタリティーを真髄とするコルナゴの姿勢は、機能的で洗練された外観を持つストレートフォークや、高いパワートランスファーを持つリブを入れた星型断面チューブ、またエアーブラシによるビビッドでとろけるようなカラーリングの実現など、常に最先端に挑戦しつづけてきた。

2000
フェラーリとのコラボレーションの集大成C-1を発表

1980年代の後半、コルナゴは、レーシングカーを代表するブランド、フェラーリとのカーボンファイバーを使った共同開発プロジェクトにおいて、さらにその輝きを証明されることとなる。そうしたフェラーリとのコラボレーションを踏襲する中、バイオメカニクス的な理論とフィードバック、最先端素材加工技術の融合により、「伝説の有機体」と呼ばれたカーボンフレームの傑作C35が誕生した。その技術は現在のカーボンフレームの中で最もパフォーマンスが高く最も美しいといわれるC40,C50の系図につながるものである。

2001
フオスカル・フレイレ、コルナゴマシンにより世界選手権優勝。3位までコルナゴマシンが独占

そうしたコルナゴのアプローチは、まさに自転車界に対する未来への問いかけとして、レースシーンのすべての風景を塗り替えていくパワーを内包しながら、「サイバネティクス的な魔術」としてのマシンを世に供給しつづけている。

エルネスト・コルナゴ。現代ロードレースシーンに深く刻み込まれたその名を持つ匠の技に触れる時、あなたの価値観と自意識はかつてなかったほどのときめきを覚えることだろう。

2005
ミケーレ・ラスムッセン、ツール・ド・フランスで山岳賞をExtreme-Cで獲得

2006
オスカル・フレイレ、ツール・ド・フランス3ステージ制覇。

2007
アレッサンドロ・ペタッキ、自らの為に開発された「Extreme-Power」を駆って勝利を量産。

2010
日本を代表するロードレーサーである新城幸也が所属するブイグテレコムへの供給が決定。この年のジロ・デ・イタリアで日本人最高位のステージ3 位、ツール・ド・フランスではステージ6 位、世界選手権ロードレースでは9位に入る快挙を成し遂げる。

新城 幸也
コルナゴの技術

匠み

1980年代初頭、モータースポーツ界の雄エンツォ・フェラーリとエルネスト・コルナゴと言う、共に分野は違えどもレースで勝つという絶対的な信念を持った2 人が出会った事から始まった両社のパートナーシップ。

この技術協力によりコルナゴは、フェラーリF1チームのカーボンパーツを製作するイタリアのカーボン専門会社ATR においてカーボンフレームの生産を始め、1989年に発表された「C35」を皮切りに、プロのレースで1,000 勝以上を挙げた伝説のフレーム「C40」を誕生させ、現在世界で最もスパルタンなレーシングバイクだと絶賛されている「C59」へと繋がっている。

モノコックフレームが世の中を席巻する現在でもコルナゴは昔ながらのカーボンラグとカーボンチューブを接合して作り上げる工法にこだわる。モノコックフレームに比べて圧倒的に多くの職人の手作業が介在しなければいけないデメリットがあり、22サイズのフレーム展開で200種類以上のラグとチューブを用意しなければいけない事が、生産効率を追い求めて行く現在の流れとは逆行しているのが事実である。

Movie コルナゴカーボン フレームができるまで

しかし、カーボン素材に職人が一つ一つ細かい手作業を施し、全てのカーボンパーツを組み合わせる事により、ライダーが自転車に身体を合わせるのではなく、ライダーの身体にフィットした自転車作りを可能としているのである。

選手が望むバイクを提供する為には時代と逆行していようが、最高の物づくりに全力で取り組む。それが今も昔も変わらぬコルナゴの一貫したレーシングカーボン作りに対するポリシーである。


繋ぐ

コルナゴ本社オフィス前の通りを挟んだ向いに構えるエルネスト・コルナゴの自宅地下1 階には、C59やM10などの生産が行われているカーボン工場があり、そのすぐ隣はスチールフレームを溶接する工房となっている。

この工房では熟練なる技術を有したベテランの職人が2 名で、ラグとチューブやフロントフォークの切削から溶接、ヤスリがけの仕上げからセンター出し作業といった塗装工程までの全てを行っており、毎日けたたましく溶接の炎の音が工房中に響き渡らせている。

コルナゴを代表するスチールモデルである「マスター」は1983年にサロンニがミラノ〜サンレモで使って勝った時から続いているが、その繊細な作りと質実剛健な乗り味は多くのライダーに愛され続けている名車である。

現代の技術の粋を集めて製作されるカーボン工場のすぐ隣の一角で、今も昔と何ら変わらない工法で手作業により溶接作業が行われている姿は一種奇妙な風景であるが、このマスターフレームの存在がロードバイクの歴史と今を繋ぎ、本質を現代に伝えてくれる貴重な存在であることを決して忘れてはいけない。

スチールフレームが今また見直されている中でも貴重となった、スチールラグにチューブを溶接して作られる姿は実に興味を惹かれるものであり、物の価値とはスペックや価格では計り知れない奥深いものである事を我々に教えてくれる。


彩り

Movie 塗装の魔術師  パマペイントイタリア・トスカーナ州ピサにある塗装工場のパマペイントは、1990年にエルネスト・コルナゴにその手腕を買われて以来20年以上に渡ってコルナゴの塗装のみを手がけている。

共同経営者であるアレッサンドロ・パッシィとマッシモ・アウコーネは、その当時の事を昨日の事のように興奮しながら、イタリア人らしい大きな身振り手振りで教えてくれた。

「我々は1980年に2 人で創業し、当時は世界中で塗装が美しいと評判だった某メーカーの塗装を行っていたが、そのメーカーの塗装を我々が行っている事を聞きつけたエルネスト・コルナゴから突然電話がかかってきて、来週お前達の工房に10本のフレームを送るから好きなように塗ってみろ、と言うんだ。

私達にとってコルナゴは神様のような存在であり、まさか電話で直接話が出来るなんて思いもしていなかったし、ましてやそのコルナゴのフレームを塗装できるなんて夢にも思っていなかったから、もう二人とも興奮して夜も眠れなくて、フレームが届いてからは自分達のアイデアと技術の全てを注ぎ込んで塗装したよ。そうしたら数日後にまたエルネストから電話がかかってきて、明日からコルナゴのフレームを塗ってもらうから頑張ってくれと聞き、二人で夢が叶ったと抱き合いながら大喜びしたのをハッキリと覚えているよ。

今は工場の塗装職人も10人と増えたが、1日で最大30本の生産キャパシティを超えてまで作業する事はない。自分達が心底愛情を込めて、コルナゴフレームに美の装飾を施すにはそれが限界であり、そこまでの手の込んだ塗装をする事は自分達だけで満足しているだけなのかもしれないけど、それを崩したくないし更なる高みを目指して努力を続けたい。」と。

彼らの美の息吹に彩られたコルナゴバイクが、今日も世界中を颯爽と駆け抜ける。


1980Models

モスクワオリンピックでソ連チームが使用した
タイムトライアル用Master
Master

1984Models

トラック専用のカーボンモノコックモデル
Aerodinamico
Aerodinamico

1989Models

35周年記念モデル
C35-Colnago Ferrari
C35-Colnago Ferrari

1992Models

バルセロナ五輪でイタリアチームが銀メダルを獲得した
Team Azzurro
Team Azzurro

1994Models

トニー・ロミンガーがアワーレコードに挑戦する為に開発されたC42
C42

1995Models

アブラハム・オラーノが
世界戦を制したBititan。
双胴チューブのチタン製バイク。
Bititan




©NBS All rights reserved. リンクサイトマッププライバシーポリシー