1989年に誕生した初の量産型カーボンロード「C35」から現行モデルの「C64」まで、実に6台の本流フラッグシップモデルと4台の派生モデルが存在する。これらのバイクから30年の技術革新の変遷を見ることができる一方、コルナゴが今に継承し続ける大事なもの、理念を感じることができる。


C35

素材やジオメトリーだけでなくその造形が運動性能に影響することにいち早く着目し、空力特性の高い有機的なフォルムのフルモノコックカーボンフレームを創出。ゴールドメッキのカンパニョーロCレコードはC35のためだけのスペシャル仕様。


C40

通算1,000勝以上を上げているスーパーバイクで、伝説のロードチームMAPEIの走りを支えた。特にパリ〜ルーベの石畳を難なく駆け抜け勝ち星を量産したことにより、バイクの頑丈さはもちろんのこと荒れた路面に対応するC40の性能の高さを見せつけることとなった。初期モデルのラグはアルミ製で96年モデル以降は全てカーボンで製造され、後期モデルになるにつれてシートステーがB-STAYに、チェーンステーがひし形の空洞が特徴的なHPチェーンステーにマイナーチェンジしていく。トニー・ロミンガーのTT、アワーレコード用に特別製作されたC42というプロトタイプも存在する。


C50

C40のチューブやラグを大径化させて各部の剛性を上げた正常進化モデル。MASTERから続くジルコデザインは東レが生産を請け負うチューブにもしっかり施されている。他にもトラック用のPISTA、TT用のCRONO、そしてシクロクロス用CROSSとラインナップがあり、チェーンステーもリーフ、HPと複数仕様が存在する。C40と同様プロライダーのカスタムオーダーに対応するため、もともと22サイズ展開なのに加えてBBシェルは合計40型用意していたという。


Extreme-C

超軽量ダブルバテッドカーボンチューブを採用したC50の派生モデル。剛性はC50と同じでフレーム重量をより軽くすることに成功し、トップクライマーの走りを支えた。当時ラボバンクに所属していたラスムッセンはこのバイクで2005年、2006年と2年連続ツール・ド・フランスで山岳賞を獲得。しかも4万キロを走っているバイクでそれを成し遂げているところにフレームの耐久性を計り知ることができる。


Extreme-Power

C50世代の派生モデルでスプリンター向けにフレーム剛性を大幅に上げられた特別仕様。当時トップスプリンターだったフレイレやペタッキの爆発的なパワーを受け止めるためにC50より大径化されたチューブにリブを内蔵することで30%の剛性アップを実現した。


EPS

Extreme-Powerの正常進化モデルで、無段階のテーパーバテッドにリブが内蔵された3PRSチューブが採用され、ウルトラハイモジュラスカーボンが織りなす剛性は当時史上最強と言われ、トップスプリンターを支えてきた。この頃からインテグラルタイプのヘッドセットを導入し、コルナゴ独自のコーナリングに更に磨きがかかった。


C59

C50からチューブ、ラグ共に大幅にマッスル化が進んだC59は、伝統のジルコデザインを踏襲しながらダウンチューブ内部に上下方向にカーボンスリットを施し横剛性、ねじれ剛性を飛躍的に上げた。シートステーのQ2-STAYは従来のB-STAY以上の振動吸収性と軽量性を実現し、高剛性と快適性を高次元で融合させた意欲作だった。日本を代表するプロライダーの新城選手が東北大震災の後に日の丸カラーのC59でレースに出ていたことは記憶に新しい。


C59 Disc

世界初の油圧ディスクブレーキ搭載のロードバイクとしてリリースされたC59ディスク。ブレーキユニットはイタリアのフォーミュラ社との共同開発で、その可能性をコンポーネントメーカーに提示したことはもちろんのこと、今に続くトレンドのターニングポイントを作ったと言える意欲作。


C60

創業60周年を記念して発売されたC59の後継モデル。スレッドフィット82.5が新採用されBBシェルが先代から一回り大きくなったことで、今まで以上に太いチューブの使用が可能になった。ここでもジルコデザインは踏襲され、ダイレクトマウントブレーキとディスクブレーキが選択可能となった。C60からパマペイントのハンドペインティングが施されたアートデコールラインがレギュラーラインナップとして加わった。


RCGL

C64

前作のC60からマッシブなディティールへと様変わりしながらも200gシェイプアップを実現。スターシェイプといわれる星形のパイプに、パマペイント社の艶やかに彩るペイントで無機質なフレームに「造形美」を加え、他社と一線を画す圧倒的な存在感を誇示している。至高のモデルは万人受けするために作られたものではなく、数々の難関をクリアしてきた勝者に相応しいものとしてあり続ける。

■関連リンク
C64 製品ページ